FC2ブログ

二条の軌跡

2019年お盆deビワイチ

決行する約半年前から計画していた企画の野郎三人ロードバイクで琵琶湖一周。通称ビワイチ。
綿密に練った計画でしたがそんなの机上の空論、捕らぬ狸の皮算用。
色んなトラブルが起こり計画通りには行かなかった昨年夏の想い出をテーマにしたいと思います。

20200611-01
お盆初日の朝一小田原ひかりに乗車。しっかり荷物スペースのある最後尾の席を一か月前にゲット。
実は前日の夜にロードバイクを輪行状態に収納するのに手こずり睡眠時間は二時間。
早くも先が思いやられる展開に。長い一日をしっかり走りきるためにも朝ごはんはしっかりと食べておきます。



20200611-02
二時間少々でスタート地点の米原に到着。駅前で輪行状態を解除していきます。
もうすでにこの時点で30度を超えてかなり暑い。
そして組み立て中に気付く。飲み物を入れるドリンクボトルを忘れてるwww
前日洗い物に出して乾燥させたまま出発してしまったようで・・・



20200611-03
走りながら給水するロードバイク乗りには蓋を開け閉めするペットボトルなんて論外。
大慌てでグーグルマップを見ると約10キロ先の彦根にスポーツデポがあるとのこと。
往復20キロくらいならとロスタイムは覚悟で進行方向とは逆の彦根に立ち寄ることに。
この20キロのロスタイムがのちに響いてくるとはこの時は知る由も無く・・・



20200611-04
ロスタイムを背負うも特に焦る事は無くリスタート。
気温も35度ととてつもなく暑かったので時々休憩を挟みながらひたすら琵琶湖沿いを反時計回り。
蓮の花が咲く琵琶湖と無人島の竹生島。神社があり船で上陸できるそうです。
線路沿いではないですが駅で言ったら河毛の辺り。まだまだ道のりは長いです。



20200611-05
湖北の琵琶湖沿いの道は国道ではなく県道のためコンビニも全く無し。
一度ルートを外れ木ノ本の市街地まで出て昼食を取ることに。
湖北の賤ヶ岳トンネルと藤ヶ崎トンネルは交通量も多くエスケープゾーンも少ない為山道の旧道へ迂回。
賤ヶ岳トンネルの旧道は激渋のレンガと石造りのトンネル。中は涼しくずっとこの気温ならいいのに・・・と。



20200611-06
旧道の山道から見下ろす北湖の最北は建造物も少なく南湖とは大違い。
彦根辺りは水も汚く泡立ち夏のせいもあってか悪臭が強烈で呼吸もつらいレベル。
全行程を振り返るとこの辺りの木ノ本からマキノまでが景観のピークでした。
もしも家族を連れて観光するならば自分はこの辺りに連れて行くでしょう。



20200611-07
この時点で走行距離は60キロ。距離は大したこと無いのに真夏の暑さと湖沿いの風にやられ着実にダメージを蓄積w
途中コンビニ休憩を挟みやっとこさ近江塩津へ。湖西線と北陸本線が合流する壮大なスケールのコンクリート橋。
鉄道ヲタクにはたまらない景色。猛スピードで走り抜けるサンダーバードを見て最初に思った事は「乗せてくれ・・・」。



20200611-07
永原を過ぎたあたりで湖水浴場を見つけて小休憩。しばらく同じペースで走っていた別グループは完全に泳いでる。羨ましい。
ヘタりだした同行者二人とみんなの愛車三台。正直ここらで切り上げて泳いでビールでも飲みたかった・・・
太陽も少しづつ傾き始めまったり過ごしていてふと気づく。さっきの休憩から10キロしか走ってねえw


20200611-08
マキノからの湖西ゾーンは北風だったため軽快なペースで走行。
ロードバイクは風との闘いの乗り物。追い風と向かい風では下手すると時速10キロ以上ペースが変わることも。
猛暑による大量発汗によりミネラル不足による筋肉痛や軽い足の攣りが出始めたため薬局によりクエン酸を補給。
日も暮れ始め夕食を予定してる白ひげ食堂のおでんを目指してひた走ります。
滋賀県の琵琶湖沿いの神奈川。これもうわかんねえな。



20200611-09
日没間際に滑り込みセーフで白鬚神社に到着。湖上の鳥居が有名なパワースポットですね。
旅の道中の安全を祈願し、神社の近くにある目的の夕飯お楽しみポイント白ひげ食堂へ。
行ったらですね閉まってたんですよこれが。定休日だか営業時間終了だか知らんけど。
グーグル先生に聞いたら営業中だったんですがね・・・19時閉店だし。せめて閉店時間までは開けておいてくれよと。
ここで朝一の彦根往復の20キロ分のロスタイムに泣く羽目に。食べたかったご当地グルメおでん・・・
てなわけで不貞腐れながらその先のセブンでまた夕食。本日二度目のセブン飯。



20200611-10
セブン飯を済ませてからは真っ暗な湖西線の高架沿いを本日の宿に向けてひたすら奔走。
白鬚神社の時点で走行距離は100キロを超えメンバー皆お疲れモード。
コンビニのおにぎりだけでは精神的にテンションも上がらず、真っ暗で景色も楽しめず写真も撮れず。
強風の琵琶湖大橋を渡り、大きなカニに見送られながら橋の東側の守山へ。
宿屋のフロントにチェックイン時間を過ぎてると煽られながら瀬田の宿まで20キロのラストスパート。
結局宿に着いたのは22時半。予定では19時到着のつもりだったのに無駄な彦根往復とお盆の暑さをなめていました。
近くにコンビニも無く風呂に入り酒も飲まずに速攻就寝。走行距離130キロ。全員ぐったりで一日目終了。

 二日目につづく・・・
スポンサーサイト



  1. 2020/06/11(木) 17:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠足

20200406
こんな眺めの良い列車に乗って遠足に行ってみたかった。うらやましい。
こんなご時勢ですが子供の成長をフィルムの色で残したくなり今更ながら憧れていた往年のフィルムカメラを購入。
自分の思春期にずっと向き合ってきたフィルムへの想い出や憧れは何にも代え難いと思い購入に踏み切りました。
すぐに確認できフィルムや現像というランニングコストが掛からないデジタルカメラ。便利な世の中なのですが何か物足りない。
欲しかったのはコストが掛かる故の緊張感と電子機器ではなく光学機器だったのかもしれません。
近いうちにカメラや撮った写真を公開してみたいと思います。
  1. 2020/04/06(月) 21:21:02|
  2. 私鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SVO

IMG_0130_convert_20200308222223.jpg
間もなく30年間の活躍に終止符を打つ251系スーパービュー踊り子。
近くを毎日走る車両はどうしても後回しにしてしまいがちで例のごとくほとんど撮らずに終了。
乗る方も小田原には止まらず横浜を出ると熱海まで止まらないこの列車は使いづらく一度幼少期に乗ったきり。
伊豆の交通の便を知ってる人間的には渋滞にハマってでも観光は毎回マイカーなので乗る機会無し。
旧塗装にでも戻してくれれば多少は興味をもったかもしれませんが今更騒いでも後の祭りなので模型を買って楽しむことにします。
  1. 2020/03/08(日) 22:29:38|
  2. 東日本の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もういくつ寝るとお正月

20191230
おそらく最後のチャンスであったであろう64ユーロ機とあすかのコラボ。
二日掛けての西線往復はどこも人でごった返していました。

気づけば令和元年も年の瀬。今年はなかなか更新できずに終わってしまいそうで反省。
来年はスキャンを再開して懐かしネタを提供していきたい次第で御座います。
撮り鉄こそほぼ引退状態ですが乗り鉄というか旅というモノは今年もそこそこしてきました。
2月の九州、5月の横川文化村、6月の中京、10月の鈴鹿、12月の新潟長野といった感じ。
それこそバリバリ撮り鉄してた時代と比べたら遠出の回数は減りましたが旅は幾つになってもワクワクしますね。
今年も一年適当な更新のブログにお付き合いいただきありがとうございました。
明日の大晦日から元日にかけてロードバイク輪行で霞ケ浦一周~銚子で海鮮デブカツ!~犬吠埼で本州最速初日の出~鹿島神宮初詣の欲張りツアーに行ってまいります。
それでは皆様2020年も良いお年を迎えられますようにm(_ _)m
  1. 2019/12/30(月) 18:32:17|
  2. 東海の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

INVERTER HI-TECH LOCO

20191121
気づけば年上のロクロクや桃太郎に置き換えられ廃車になっていた迷機関車。
主電動機1基辺り1000kW、6軸で6000kWの”発電所泣かせ”と言われた莫大なパワーは持て余し、営業運転ではフルパワーを発揮することなく役目を終えました。
貨物で走ってくる機関車はEF65やEF66しか居なかった小学生時代。この機関車の大きいボディやインバーターサウンドの迫力は異彩を放っていたことを鮮明に覚えています。
その時代のイメージが強いので新塗装は馴染めず旧塗装派でした。
  1. 2019/11/21(木) 20:10:20|
  2. 東海道本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰しております

20190904
春先から公私に忙しくまたもやさぼってしまいました。ちゃんと生きております・・・w
気づけば2019年も9月。お盆明けにしっかり歳の数は増えオッサン化しています。
全然更新していないのにたまに足を運んでくださってる方に申し訳ない思いです。
中小国での日の出ギリギリカット。あと数日夏至に近づけばギラりと日が当たりそうなカットでした。
しっかり撮れてしまうのはデジタルならでは。もうこんな場所に足を運ぶこともなさそうです。
現状の鉄活動と言えば年数回の旅行での乗り鉄と思い出の車両を買い漁る模型鉄のみ。
年々SNSの影響で撮り鉄への風当たりが強まる昨今。沿線でゆっくり写真を撮るのも一苦労かも?
  1. 2019/09/04(水) 23:47:57|
  2. 北海道の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和元年

203_convert_20190430235211.jpg
昭和から平成へ受け継がれ、令和へと続くことはなかったブルトレのカットを一コマ。
廃止直前の2015年は臨時化され上りはカシオペアスジで走ることになり実現した日没前通過の北舟岡。
ここで斜光を浴びた北斗星を撮ることは現役バリバリの毎日二往復運転の時代でも不可能でした。
この日は雲一つ無い快晴で、黄金の突端の奥に函館の東の亀田半島が見えるほどクリア。
地元の人には月に一回くらいしか無い晴れ方と太鼓判を押されました。
何度か曇られ失敗しながらもやっとの思いで撮れたこのとっておきのカット。
いつ出そうかとずっと悩み続けそのまま三年以上の時が流れてしまいました。
新元号初日のおめでたいこの日に掲載したいと思います。


ギリギリ昭和生まれ世代の自分は元号が変わる瞬間など記憶に無いのですが生前退位ということもあり世間はおめでたいムード。
まるで年越しをもう一度するかのような感覚。令和の時代も平和に皆健康に無事平穏で過ごせる事を願います。
  1. 2019/05/01(水) 00:00:00|
  2. 北海道の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年

img426_convert_20190421185255.jpg
大変遅ればせながら新年あけましておめでとうございます・・・w
私事ではありますが年末に引っ越しをし、2019年を迎えたわけですが転居先の下階の住人が深夜二時にピンポン連打で「トイレに行く足音が聞こえる。」と30分説教してくるような俗に言う”モンスタークレーマー”でして引っ越し早々の新年に次の物件を探す羽目になり。
12月に引っ越しをし、2月にも引っ越しという転勤族も真っ青なムーブを強いられました。
短期間に二度も敷金や初期費用を取られファミリー物件を謳った不動産屋に何度クレームを言ったことか・・・
そこから3月には長女が小学校卒業、4月に中学校入学と私的なごたつきが続きブログはほったらかしでした。
全然更新もしてないのに見に来ていただいた方には本当に申し訳無い気持ちで一杯です。
自分の部屋もやっと片付けの目途が付いてきたので徐々にマイペースで更新を再開して行きたいと思います。


さてこの写真。撮影したのは2005年4月25日。鋭い人はもうおわかりかも知れません。
前日の下りながらに乗りこの一発の為だけに柏原までやってきた自分。
東海区間の浪漫はなかなか無くユーロ専用機の112登板を期待して朝から待ちました。
実家住みの当時は関西に列車の写真を撮りに行くとだけ親に伝え前夜に自宅を出発。
列車は午後に通過なのでまったり日向ぼっこをしていると母親から連続で着信。
何事かと思えば「関西で電車が脱線する大きな事故が起きて心配で電話をかけた。」とのこと。
何が起きたのかさっぱりわからず2ちゃんねるを携帯で見ると大変な騒ぎに。
決して近くはありませんが自宅から向かった方向で福知山線脱線事故が発生していました。
鉄道好きとしては大変痛ましく二度と起きてほしくない忘れてはならない出来事だと自分は思います。


またこれからは更新を再開していく予定ですので2019年も当ブログを生暖かく見守って頂けると幸いですm(_ _)m

  1. 2019/04/21(日) 19:38:02|
  2. 東海道本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月18日

20181118
今日は11月18日ということで不運な事故で廃車となった皆のアイドル1118の写真を。
16年前の春に61とPPで東タに入線したブライダルトレイン?か何かの列車だったかと思います。
珍しく客レが南武支線に入線とあって沿線は超満員でした。今なら61側をケツ打ちでも撮ってるであろう列車。
このご時世ではこんな場所で撮るのは不可能でしょうね。
  1. 2018/11/18(日) 18:14:41|
  2. EF651118
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はさ掛け

20181031
秋の刈り取りの時期を迎え稲の水分を減らす作業の一つ。
地方によって色々と言い方があるそうですが鉄の身内の間では”はさ掛け””と呼んでました。

この日はユーロピアの一部のオハが廃車回送ということで静岡県に。
末期は編成が揃わず団臨は混色編成で運転、残った原色の一部が四国に譲渡という時系列だったかと。
それにしても気になる背景の〇松マーク。何の会社なんでしょうね。
  1. 2018/10/31(水) 20:12:07|
  2. 東海道本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

※使用上の注意

れう

Author:れう
2011.9.07開設
神奈川県あゆコロ市民

中判カメラで撮り貯めた過去画像を中心にUP。
懐かしい模型集めと気楽な乗り鉄がメインな今日この頃。
クロスバイク購入から一年。やっぱりロードに乗る羽目に。
bianchiのARIAに乗り始めました。

いらっしゃいませ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

おしながき

北海道の鉄道 (73)
東日本の鉄道 (281)
東海道本線 (79)
東海の鉄道 (83)
西日本の鉄道 (32)
四国の鉄道 (11)
九州の鉄道 (7)
私鉄 (42)
EF5861 (16)
EF651059 (20)
EF651118 (16)
航空機 (17)
風景 (3)
スナップ (24)
食べ物 (2)
機材 (4)
その他 (4)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

にほんブログ村 

 鉄道ブログ 鉄道写真へ
 写真ブログ 中判写真へ

にほんブログ村に鉄道写真、中判写真に REWとして参加しています。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示